MSPによる人材管理とは?

マネージドサービスプログラムは、雇用主が臨時雇用の労働者を管理するためのきわめて有効な手段です。MSPプロバイダーは、以下をはじめ、多数のメリットをもたらすことができます。

  • 市場に関するノウハウ
  •  プロセスの効率
  •  技術に関するノウハウ
  •  プログラムの拡張性
  •  コンプライアンス業務
  • 支出の可視化

MSPは、企業の調達部門や人事部門に不可欠の要素として、発注から請求、支払いまで、臨時雇用の人材のライフサイクル全体を管理することができます。MSPはベンダーマネジメントシステム(VMS)を採用し、組織における各臨時雇用労働者の状況を完全に可視化します。

また、MSPを利用することによって、厳密に設計された一貫性の高いプロセスで、あらゆる労働規則とガバナンス要件を順守できます。また、MSPでは、人材分析によって臨時雇用にかかる意思決定を向上させることも可能です。

私の組織でもMSPを活用できますか?

MSPには、臨時雇用に伴う最低ラインの金額があります。通常、MSPから十分なメリットを得るには、一定の規模が必要です。

 ほかにもいくつか重要な点を確認する必要があります。

  • 社内の臨時雇用管理プログラムで十分なコスト管理とリスク軽減が可能ですか。
  • 人材派遣会社を調査、検討するための厳格なプロセスを実施していますか。
  • 支出ポリシーへのコンプライアンスをどのように守っていますか。
    あるいは、守っていませんか。
  • 報告機能と支出の可視化機能を備えた強力なVMSを導入していますか。


社内の臨時雇用管理プログラムに、これらの要素が一つでも欠けている場合、MSPを採用することで効果が得られると考えられます。MSPの必要性は、組織がどのような目標を持っているか、現在の社内プログラムでその目的を予算内および期限内に達成できるかどうかによって判断されます。

MSPにはどのような利点がありますか?

人件費の変動が大きい企業は、臨時雇用の労働力の全体像が見えなかったり、コンプライアンスが不十分だったりする場合があります。採用担当マネージャーが自分で人材を探して採用し、どのような人材が何人加わり、何人去ったのかを調達部門や人事部門が把握していないこともあります。

貴社にこれがあてはまる場合、規制順守、物理的セキュリティとサイバーセキュリティ、人件費の高騰、不正行為、適切な管理体制がないために起こるその他の問題など、様々な点でリスクにさらされるおそれがあります。

MSPのプロセスは、以下に役立ちます。

  • 人材獲得の強化
  •  複雑なプロセスの簡素化
  •  支出の可視化
  •  人件費の軽減
  •  規制コンプライアンスの向上

MSPにはどのようなコストがかかりますか?

現在、市場には、「サプライヤーが手数料を負担するモデル」と「クライアントが手数料を負担するモデル」の2つがあります。「サプライヤーが手数料を負担するモデル」では、サプライヤーによる請求額の一定割合をMSPが受け取ってプログラムのコストに充てます。このため、クライアントには直接的なコストはかかりません。しかし、利幅の薄い市場では、サプライヤーがこのようなプログラムへの参加を拒んだり、優秀な人材を他のクライアントのために保留したりする場合があります。

「クライアントが手数料を負担するモデル」では、クライアントがMSPパートナーに報酬を支払います。料金は定額制と変動制があります。こちらの方がコストがかかるように思われるかもしれませんが、サプライヤーが優秀な人材を迅速に供給できるため、結局はこのモデルの方が有益だと考えられます。

お問い合わせ先

お問い合わせ先

MSPに関する最新のインサイト